育毛シャンプー良くない洗浄成分

育毛シャンプーを選ぶときはまず洗浄成分をチェック!

育毛シャンプーはまず裏面の成分を見よう!

シャンプーを選ぶ時に一番大事なのは洗浄成分です。

 

いくら髪や頭皮にいい成分が入っていても洗浄成分がまずいと差し引き0どころかマイナスです!

 

シャンプーに入っているとヤバイ洗浄成分は?

ラウリル硫酸Na ラウレス硫酸Na ラウリル硫酸アンモニウム ラウリル硫酸TEA

 

高級アルコールや石油系といわれるもので、ドラッグストアやスーパーで格安で売っているシャンプーには大体含まれています。安価で洗浄力が非常に強い反面、本来必要な皮脂なども取り去ってしまい頭皮にダメージを与えてしまいます。頭皮に赤みやできものができる、かゆくなる人は洗浄不足ではなくこういった強力な洗浄剤で逆に洗いすぎているケースも多いです。

 

頭皮環境が悪くなれば当然抜け毛につながりますから、頭皮ケアを考えるなら使用はさけたい成分です。

 

シャンプーのパッケージ表面によく書いてあるうたい文句

  • 敏感肌用
  • 薬用
  • 低刺激
  • 弱酸性
  • 無添加

などなど、残念ながらまったく当てになりません・・・こういったいかにも肌や髪に優しいイメージを出しつつ裏面を見ると平気で上記のヤバイ洗浄成分が入っていたりします。なぜそんなひどいことをするのか;;答えは簡単、安く作れるからです。

 

スカルプシャンプーを選ぶ時にもついつい馬油や○○エキスなど育毛に役立ちそうな成分ばかりに目が行きがちですが、それもまず洗浄成分ありきです!

 

育毛シャンプーで選びたいのはアミノ酸系洗浄成分

グルタミン酸 アラニン タウリン グリシンなどの成分名

 

アミノ酸系とは・・・肌と同じ弱酸性で、髪と同じたんぱく質という特性があり非常に優しい洗浄成分です。スカルプシャンプーとして宣伝しているものや美容院などに売っているシャンプーがこれにあたります。
肌に優しい反面、値段が少し高めになるのと洗浄力が弱めというデメリットもあります。

 

またアミノ酸シャンプーとパッケージにかかれていても、他の洗浄成分との混合である場合もあるので注意が必要です。育毛に気をつけてシャンプーを選ぶなら裏面のチェックはかかせません!

 

例としてスカルプシャンプーで有名な「ウーマシャンプー」はアミノ酸も使用されていますが、スルホン酸という刺激の強い洗浄剤も含まれてしまっています。

 

 

管理人の私が成分を厳選してオススメできるのは「リマーユスカルプシャンプー」。知名度こそあまり高くありませんが頭皮ケアに適したシャンプーです。

 

関連記事

⇒リマーユスカルプシャンプーの口コミ体験談もチェック!